秋葉原駅から徒歩5分

info@rental-store.jp

03-3525-8351

平日 9:30〜19:00/土日 11:00〜18:00 (年中無休)

WiFiレンタル屋さん

Q&A

フリーWi-Fiスポットが危ないのは本当?

フリーWi-Fiスポットが危ないのは本当?

便利な反面、フリーWi-Fiスポットの利用には、危険も潜んでいます。具体的な危険性と予防策を把握して、安全・快適に利用できるようにしましょう。

PC・スマホ・タブレットユーザーにとって、非常に便利なフリーWi-Fiスポット。
自宅や会社以外でも無料で高速通信ができるので、今や多くの人々が利用しています。

しかし、便利な反面で無視できないのが、その危険性です。

フリーWi-Fiスポットの危険性や危険を回避する方法をきちんと把握しておかなければ、
思わぬネットトラブルに巻き込まれてしまうこともあり得ます。

事前によく知っておきましょう。


【フリーWi-Fiスポットに潜む具体的なリスク】



会員制のフリーWi-Fiスポットでない限り、フリーWi-Fiスポットは利用者を選ぶことができません。
つまり、どんな人であっても無線LAN規格の通信機器さえ持っていれば、インターネット通信が可能になるのです。

これは便利な点ではあるのですが、
一方で悪意のあるユーザーを引き寄せてしまうというデメリットもあります。

悪意のあるユーザーによって端末に無断でアクセスされ、アドレスや写真などを盗み見されたり、コピーされたりすることも考えられます。
また、特定のウェブサイトにアクセスするためIDやパスワード、
ネット登録しているクレジットカードの情報を盗まれる場合や、ウィルスを仕掛けられる可能性も否定できません。

トラブルに遭ったとしても、個人的な被害であればまだ良いですが、
仕事に関わる重大なデータや顧客情報が流出してしまうと取り返しがつきません。

便利ゆえのトラブルに遭遇する前に、しっかりと予防策を把握しておきましょう。


【フリーWi-Fiスポットにおける危険予防策】



① 提供元がわからないWi-Fiには接続しない。

街中でWi-Fi接続をしようとすると多数の接続先が表示されるはずです。
有料や会員制のものでない限りは、接続できてしまいますが、
どこが提供しているかわからないWi-Fiには絶対に接続しないようにしてください。

② 暗号化・パスワード設定されていないWi-Fiには接続しない。

Wi-Fi接続画面で「None」と表示される接続先は、セキュリティ対策がされていないため、何があっても接続しないことです。
誤って接続してしまうと、ダウンロード・アップロードする情報は丸見え状態になってしまいます。
また、鍵のマークがついていない接続先にも注意です。
他の人が契約して利用しているWi-Fiである可能性が高く、知らず知らずのうちに接続してしまうと、あなたが加害者になってしまうこともあるのです。

③ フリーWi-Fiスポットで重要なやり取りをしない。

いくらフリーWi-Fiスポットが便利だといっても、ビジネス上得た機密情報や個人情報のやり取りをするのは厳禁。
もちろん情報が盗まれることも心配ですが、何よりビジネスマナー上絶対におすすめできない行為です。
また、ビジネス以外でも注意が必要。
クレジットカード情報を登録しているサイト閲覧や、ネットバンキングへのアクセスはしないようにしましょう。

このように、フリーWi-Fiスポットでノーリスクということはありえません。
しかし、具体的な危険性を把握し、適切な予防ができれば、
思わぬトラブルを気にすることなく、快適にWi-Fi通信を利用することができるのです。