秋葉原駅から徒歩5分

info@rental-store.jp

03-3525-8351

平日 9:30〜19:00/土日 11:00〜18:00 (年中無休)

WiFiレンタル屋さん

Q&A

3G・4G・LTEは何が違うの?

3G・4G・LTEは何が違うの?

よく耳にするもののわかりにくい「3G・4G・LTE」。
しかし、違いを知るとスマホやタブレット選びにとても役立てることができるのです。

モバイル通信の規格である3G・4G・LTE。
スマホを使っていると頻繁に耳にする言葉ですが、あなたはこれらの違いを知っているでしょうか?

なんとなく利用しているという人も多いかもしれません。
とくに詳しく知らなくてもスマホ利用に困ることはありませんが、
知っておくことで、あなたのインターネットライフをより充実させる端末を選ぶために役立ちます。

では、3G・4G・LTEのそれぞれの特徴や違いについてチェックしていきましょう。


【3G・4G・LTEの特徴と違い】



一見何のことを意味する略語なのかイメージがしづらく、それぞれの違いについてはより難しく考えてしまいがち。
しかし、実は3G・4G・LTEの違いはそんなに難しくはありません。

3Gや4Gについている「G」ですが、これは「Generation(世代)」を意味しています。
つまり、3Gは第三世代の通信規格、4Gは第四世代の通信規格ということです。

実はあまり知られていませんが、3Gの以前には1Gや2Gという規格もありました。
単純に数字が上がるにつれ、内容は充実していると理解してもらってOKです。

内容について少し触れてみると、3Gの速度は数mbps〜14mbpsまでであるのに対し、
4Gでは100mbpsもの高速通信ができるようになりました。

大幅なスピードアップですよね。
この背景には、スマホやタブレット利用者が増えたことでSNSを利用するのがスタンダードになり、写真などの大きなデータを素早く送受信したいと思うユーザーが増えたことにあります。

現状の通信規格では、4Gがもっとも高速であり、最新・最高技術により提供されていると言えます。
では、LTEとはどのようなものなのでしょうか?

実は、LTEは3Gや4Gのように通信規格の世代を担うほどのものではなく、
いわば「3Gから4Gまでのつなぎ」として展開された通信規格なのです。
そのため、LTEではなく、「3.9G」と呼ばれることもあります。

つまり、LTEは3Gよりも高速であるが、4Gよりも高速でないと言うことができます。
しかしながら、最近では、LTEも4Gに含めるという考え方が主流になっています。
なぜなら、エリアや機種によるものの、LTEは、100mbpsという4Gと同程度の速度、さらには150mbpsという4Gを超える速度を実現するためです。

3G・4G・LTEと3種類の通信規格を並べて考えると難しくなりますが、
あくまで正規の通信規格は3Gと4Gであり、LTEは、お伝えしたように、両者のつなぎまたは4Gに含まれるもの、と考えておけば良いでしょう。