Column

wifiレンタル屋さんのコラム

モバイルWi-Fiルーターのレンタル専門店として、年間約10万件のレンタル実績のある
「WiFiレンタル屋さん」が、レンタルの際に役立つ情報をお伝えいたします。

Update 2020/11/16

ポケットWiFiでWeb会議(オンラインミーティング)

Web会議の注意点

コロナ以降、広く普及したWeb会議用のサービス。
その特徴や、ポケットWiFiルーターで運用する際の注意点を解説します。

Web会議サービス(アプリ)は、ざっくり言うと 『便利にビデオ通話ができるサービス』ですが、『ビデオ通話』は『動画の再生』と同様で、予備知識があると不要なトラブルを避けることができます。
Web会議サービスを上手に利用するには、次の2点をよく理解しましょう。

・通信速度
・通信容量

動画の再生は、通信速度と通信容量の両方が重要になります。
通信速度と通信容量について、それぞれ説明していきます。

※ここでは、『ZOOM』に絞って説明しますが、その他のサービスでも基本的な考え方は同じです。詳しくは各サービスのサポートへ確認してみてください。

通信速度

▼ダウンロード(下り)とアップロード(上り)

ビデオ通話は、相手側の動画のダウンロードと、こちら側の動画のアップロードを行う相互通信です。Web検索やメールと比べて、通信速度がとても重要になります。

ZOOMのシステム要件では、通常1.8 Mbps(アップ/ダウン)程度、グループミーティングの高画質再生は、最大3.0 Mbps(アップ/ダウン)が必要です。

【参照】
Zoom ヘルプセンター > Windows、macOS、およびLinuxのシステム要件 > 帯域幅の要件より
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023


▼ポケットWiFiルーターの速度はどのくらい?

インターネット回線の実効速度は、時間や場所で変動します。
実際にはもっと複雑ですが、簡単に説明すると、多くの人が利用している場所や時間帯では混雑して通信が遅くなります。

ポケットWiFiルーターの実効速度は、常に変動しますが、当店でレンタルしているような純正のSoftBank回線で、下りが8〜25Mbps、上りが3〜15Mbpsほどです。(このデータは平均なので、早くなったり遅くなったりする可能性があります。)
MVNO(格安SIM)回線では、速度が遅くなりますので、ポケットWiFiルーターでは、純正のSoftBank回線が最も早いです。

グループミーティングの高画質再生は、最大3.0 Mbps(アップ/ダウン)なので、場合によっては、再生速度が通信速度を追い越してしまうことがあるかもしれません。

その場合、画面が固まったり、通信が途切れたりしてしまいます。


▼1台のWiFiルーターにPCは何台まで?

通信速度は、WiFiルーターの接続台数で分割されます。

メールの送受信や、Web検索での利用は、通信量が小さいので複数台で接続できます。一方でWeb会議は、特にアップロード速度が間に合わない場合があるので、 複数台の接続はおすすめしません。

Web会議で利用の場合、1台のWiFiルーターに1台のPCやタブレットとの接続が良いです。


▼光回線がベストな選択?

大手キャリア回線のポケットWiFiでも、Web会議の利用は万全ではないことが分かりました。では、Web会議をスムーズに行うにはどうすればいいでしょうか。

最善手は、光回線を使うことです。
光回線は、回線工事さえしてしまえば、全国で利用ができます。一般的に通信速度がずっと速いものなので、Web会議での利用に適しています。

しかしながら、外出先やイベントで使用する場合、工事が必要な光回線は利用できません。
その場合、大手キャリア回線のポケットWiFiで対応が一番適しています。


▼USB接続(有線接続)で速度が速くなる?

WiFi(無線)接続より、USBケーブルで直接、PCと接続した方が通信速度は速くなります。ポケットWiFiルーターでWeb会議をする場合、回線速度を改善したい時には、USB接続を試してみることをお勧めします。

当店のレンタル品には、USBケーブルがセットで付いています。

通信容量

▼必要な通信容量を確認しよう

『ZOOM 通信量』などのキーワードで検索すると、ZOOMの通信量は、0.6GB/時間程度のようです。 例えば、1日に6時間、1週間ZOOMを利用する場合、25.2GB程度容量が必要です。

0.6GB×6時間×7日=25.2GB

25.2GB使う場合、当店なら50GB/月プランがお勧めです。
50GBあれば通信量が予定外に増えても問題ないですし、20GB/月プランとの差は1日あたり100円(490円/日)です。

※2台のPCと接続した場合、必要な通信量は2倍になります。

どの機種をレンタルする?

▼SoftBank端末がお勧め

当店のSoftBankモデルは、容量でプランが分かれています。
(1ヶ月に20GB、50GB、100GBの3プラン)
『通信容量』の項目で説明した、適した容量のものをお勧めします。

同じSoftBankでも、機種によって通信速度の表記が違いますが、表示の数値は理論値なので、実効速度の違いはあまり明確ではありません。

計測するタイミングによって速い機種が入れ替わることも良くあるので、純正のSoftBank回線を使っている、当店のモデルならどれも大差はないかと思います。


▼WiMAX WX05 端末は?

WiMAX WX05 端末は、『WiMAX 2+』というWiMAX独自の電波を使っています。
高い周波数帯域を使っているため、周囲の影響を受けて電波が不安定になりやすいです。

また、WiMAX 2+ 回線は次の制限があります。
・日中⇒制限無し
・夜間⇒10GB/3日を超えると速度制限
3日で10GBを超えると、超えた翌日の18時〜午前2時まで8時間、速度が制限されます。

以前、同じ場所でWiMAXを使ったことがあれば大丈夫ですが、あまり慣れていない方にWiMAX WX05 端末は、おすすめではないです。

ポケットWiFiで、上手にWeb会議

高速の光回線が使えない環境でWeb会議をするには、安定した大手キャリアの4G回線で利用が一般的です。

ポケットWiFiルーターは、MVNO(格安SIM)など、速度と容量がWeb会議に適していないものもありますが、当店のSoftBank純正のポケットWiFiルーターが、もっとも安定しています。
速度と容量についてしっかりと理解して、上手にWeb会議をしましょう。

「コラム一覧ページ」